スキンケアの星

スキンケアで目指せスッピン美人!

ハンドクリームでは治らない手荒れを治すには?手荒れ対策の盲点はここにあった!

   

ハンドクリームや化粧品つけても
ゴム手袋して
洗剤変えても
繰り返す手荒れ。

どうやったらほんとに手荒れが治るのだろう?

かれこれ30年、試行錯誤するなかでわかったことは
化粧品やハンドクリームだけでは残念ながら解決できないということでした(それほど手荒れが進んでしまった!)。

しかしここに来て、思わぬ方向からやってきた解決策で、
これで手荒れとサヨナラできる!と思ったのでシェアしたいと思います。

 

手荒れは”早期なら”クリームで治る!

上にも書いたように手荒れがひどくなると
ハンドクリームや化粧品をいくら塗っても浸透していかないというか
まったく効き目を感じなくなります。

同じ手荒れでも段階が人によって違うので
もし化粧品で治りそうなら、その段階で治すのがおすすめです。

面倒がらずにハンドクリームをつけて欲しい(昔のわたしに言いたい)。

 

年齢を重ねると皮膚が厚くなり化粧品の効き目が変わってきます。

わたしのように何年も手荒れを放置すると治りづらくなってしまいます

化粧品選びも大切ですが、つける回数や量を増やしてみてください

 

手荒れを起こしてるのは何?

いっぽう、手荒れを起こしてる原因のほうをそのままにしておくと、長引きます。

スキンケアはしますが、手荒れの原因を無くしていきましょう

 

手荒れの原因

1.キッチン洗剤・風呂洗い洗剤

一番手荒れを起こすのがこれ。使用頻度が高く、洗剤も強力です。

2.ゴム手袋

手を守るために手袋しますが、わずかにしみ込んだ洗剤液が手荒れを起こします。(ここが盲点です)

袖口から洗剤が入ったり、指先の摩耗したところから沁み込みます。

手荒れが進行すると、指先の感覚がにぶり、洗剤が手についたことに気づかなかったりするのでやっかいです。

3.洗濯洗剤、予洗い洗剤・石鹸

洗濯ではあまり洗剤が手に着きませんが、素手で予洗いをすると手荒れの原因になります。

4.水拭き掃除・水仕事、シャンプー・石鹸

手荒れがひどくなるとただの水拭きでもダメージを受けます。

こうなってくるとハンドソープやシャンプー、ふつうの石鹸も肌の負担に。

5.すすぎ・スキンケアの不足

洗剤・石鹸のすすぎが足りない

化粧品・ハンドクリームをつける回数・量が少ない

手荒れ対策の基本ですね。

 

手荒れを招く洗剤を変えることがターニングポイントになった

手荒れを治すためにわたしがたどり着いたのは、原因である「洗剤を変えること」でした。

手荒れがひどくなり化粧品やハンドクリームを変えても思わしくなく、
手袋はあてにならないことに気づき
洗剤を変えることにしました。

 

まず最初に見つけたのが純石鹸。

成分は石けん素地だけ。口コミにもいいことが書いてある。

今度こそ!と期待しましたが
さほど治らない…。というか、むしろぶり返す…。

 

そんな中、本で偶然知ったのがこちら。

手荒れ解決の突破口になったミセル無添加石鹸です。

 

掃除も浴用・洗顔にもつかえる?!

あまり有名じゃないけど、ただの自然派石鹸じゃないんです。

掃除洗濯も、浴用にもなる石鹸!

洗髪や顔まで洗えるのに、

食器洗いも風呂掃除もできる!!

 

食べられる油でできている石鹸

その理由は、パーム油・ヤシ油のような食べられる油でできているから。

原料の質がすごくいい。

名古屋大学と三重大学の先生が開発したそうです。

高品質、低価格。

肌にも環境にもやさしく、泡立ちもすごくいい。

この5つがある石鹸・洗剤て、ほかに無いのでは?と思うくらい気に入っています。

 

手荒れは、洗剤材料の質で起きる

ここで知ったのが、わたしが使っていた純石鹸は肌に強すぎる(油の質が良くない)ということでした。

純石鹸だから肌にいいというわけではないんですね。

ミセル以来、風呂掃除も食器洗いも楽しくなりました。

スポンジに軽くこするだけでよく泡立ちます

 

指先が割れる不快感が無くなった!

ゴム手袋ナシで、素手でキュッキュッとなるまで洗えます。

手袋してた時は分からなかった湯垢の取れ具合もスッキリ

もちろん手荒れなんてナシ

指先が割れるような不快感がようやくなくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミセル 無添加石けん
価格:302円(税込、送料別)

 

家じゅうの洗剤、石鹸をこれ一つで済ませられるので経済的です。

 

食器洗いに固型石鹸は抵抗があるという方に、キッチン液体洗剤は、こちらがおすすめ。

 

使ってみて、ほんとうに良かったです。

ハンドマイルドの名前通りでした。

 - 乾燥肌のスキンケア