スキンケアの星

スキンケアで目指せスッピン美人!

足のスキンケア-タコ、ウオノメ対策と再発予防

      2016/10/24

足先にお悩みを抱えている方は多いようです。特に多いのは足の裏のタコやウオノメ、水虫だとか。お仕事で歩き回ったり1日中靴を履いていたりと、皆がんばっているんだなあとヒシヒシと感じます。

そんな足をいたわってキレイにしてあげませんか。タコやウオノメのケアをして再発を防ぎましょう。

feet

足のスキンケアもしたい

いつも見えているお顔のスキンケアはしても、夏場以外は隠れている足やウデのケアは怠りがち。ほうっておくと、肌がカサカサしたりシワシワ感が出てきます。

さらに進むと痛みやカユミが伴いますので、忙しくても保湿クリームなどをぬるようにしましょう。痛みやカユミで通院したりお薬をぬるということは避けたいものです。

足裏のタコとウオノメって?

タコは、ヒフの角質が圧迫され、堅く盛り上がったものです。
ウオノメは、さらに中央にシンができたもの。シンは小さく特に堅くて半透明に見えます。

ウオノメはシンがありますから、歩くと痛いものです。タコも厚みがあったり堅くなると痛くなりがちです。

私は両方経験したのでよおくわかります。先が細いキツメの靴を履いていた頃はよくウオノメが出来ていました。その後大きめの靴に変えたらタコになり、カカトのタコは消えました。

あんなに堅いカカトのタコは、厚さ5ミリはあったのではないかと今でも思っているのですが、気づいたら なくなっていて びっくりしました。

タコやウオノメのケア-できてしまったら

タコやウオノメは、入浴時よく泡立てたスポンジをクルクルと円を描くようにマッサージしながら洗いましょう。血行を促進し角質のケアになます。

どちらも痛みがあれば取り除きます。自宅で小バサミなどを使い他の肌を傷つけないよう注意しながらおこなうか、皮膚科でも取ってくれます。

取ったあとは尿素配合の保湿クリームをつけて保護しておきましょう。

タコやウオノメの予防し肌のスベスベをキープ

余裕がある大きさ・形の靴を履く

正しい足のサイズを知り足先などにゆとりがある靴を履きましょう。

これができていない方が意外に多いようです。私も長い間自分のサイズを間違えていました。

足のサイズを測ってくれる靴店に行き、3Dの器械で計測してもらったら、実際は5ミリ大きかったことがわかりました。足幅は広いと思っていたのですが、かなり狭めでEEサイズの靴は合わないということもわかりました。

どおりで足裏のアーチが合わなかったわけだと深く納得したのでした。

無料で計測してくれますので、一度測ってみることをぜひオススメします。

指の屈伸でヒフを柔らかくする

皮膚科の先生がオススメの方法です。足の親指と小指を中央に倒すような気持ちでギュッと5本指を曲げましょう。

feet-skincare

こうすると、足の裏のタコやウオノメができやすい部分の皮膚が刺激され角質が堅くなりにくくなります。

気がついたときにテレビを見ながらでもやってみましょう。

水虫ができてしまったら

水虫は不特定多数の人が集まる施設や温泉などでうつることがあります。そのようなときでも24時間以内に洗い流すかふき取ると感染を防げます。

家族にかかっている人がいるときはバスマットやスリッパをこまめに洗い清潔に保ちましょう。

市販の薬が有効ですが、改善しないようであれば薬をやめてから2週間ほどしてから通院すると的確な診断ができるそうです。

足の裏は負担をかけず清潔を心がけたいものです。

 - ボディーのスキンケア