スキンケアの星

スキンケアで目指せスッピン美人!

日焼けしたくないけど日差しは体にいいから少しは浴びたい

      2016/05/03

夏になるとどうも悪者にされちゃうお日さま。

あーもうー日に当たると大変なことになっちゃうと女性はみんな重装備で出かけます。暑くてもガマン、みたいな。

でもね、全然日差しを浴びないっていうのはからだに良くないっていうのも知っておくといいかもしれません。

HP141_L

紫外線を浴びるとビタミンDができる

日焼けは肌に悪いというのはもう定説になってますね。

それでも全然浴びずにすごすというのはほんとうは良くないらしいです。

人は紫外線を浴びることでビタミンDを体内で作り出すことができます。

ビタミンDはあなどれない!

ビタミンDって、免疫や筋力をアップさせてくれます。たしかに良く日焼けした人は体力がありそうだものなあ。

しかも女性のばあいはビタミンDが足りなくなるとカゼを引きやすくなるとか。はやり免疫と関係しているんでしょうね。

おまけに子宮内膜症のような婦人科系の病気も引き起こしやすくなるんですって。

ハイジとかに出てくる引きこもりがちなお金持ちのお嬢様は決まってからだが弱いのって、そういうことだったのか?!っていうくらい、ナットクする部分があります。

最後にダメ押し。ビタミンDが足りないとアレルギーにもなりやすくなります。

ちょっとは日を浴びて、お日様から元気をもらおう

結論をいうと、ほんとうに少しは日を浴びるといいのです。

日差しを1滴も浴びないと頑張っている方もいますが、お肌は美白でも体調わるかったりするんじゃないかな~と心配してしまいます。

どんより曇っている日より、晴れている日のほうが気分がいいですよね。

それってやっぱり生き物としての本能なんじゃないかなと思います。明るいお日様のエネルギーをほんとうは欲している。

ところで日焼けしてもシミにならない人、たくさんシミが出来てしまう人がいますね。次回は日焼けしてもシミにならない理由を書きたいと思います。


 - シミ・美白のスキンケア